あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ感想
Over Drive「Little wings fly high.」(5/29)
DATE : 2007-06-02-Sat  Trackback 1  Comment 0
 小学生時代(?)の深澤さん。これぐらいの方が名塚の本領発揮という感じではありますが。
深澤ゆき(ミニ)@OverDrive

 このきたないものを見るような目をこの歳から備えているとは深澤さんおそるべしですな…。しかし「キーーーーン」ってアンタいくつですか?

深澤ゆき(ミニ/線画状態)@OverDrive 絵がナナメってるのは描く前からわかっていたので、描いてるときは45度回転させて描いてたのですが(それでも微妙に左に傾きますが…)、白地に線画状態になったら何かサイン色紙っぽくなりました…。黒目が黒だったので、線画段階で絵が安定しましたからな。

 本キャプの「Over Drive」の文字はこの時サインぽい字を入れてみた名残り。だから45度曲がってる…。ちゃんと合った向きにするんなら45度じゃないよなーとか思いつつ放置。

 で、このナナメ向きの構図はアニメではよく出てくるパターンのひとつですが、この構図のときは基本的に、角に向かっていい感じの傾きにすることが多いわけで、つまりこのナナメ構図の収まり感を見ることで、4:3放送が4:3制作なのか16:9の左右カットなのかの判断材料になり得る構図なのですなー。

 詳しく公式とか数値とか言えるわけではないので、自分としては感覚なのですが、何となくでも気にしていると、4:3サイドカットには何となくストレスを感じるようになるかも。

 しかし自転車レースの話をしようとするのであれば、深澤さんは背景であってそれほどメインにはならないハズなのに、何かやたらと重要なポジションを与えられているような気がしますね。むしろ、自分は乗らないけれど、自転車レースに取り組む人たちを見ることで、どう感じどう人生に影響していくのかを示すキャラ=視聴者代表 という役割なのかも知れないなー。自分は特に何もしてこなかったつもりでも、他者に多大な影響を与えたかもしれないという面でも。

 三瓶由布子@プリキュア5んとこでもちょろりと書いたけど、このOverDriveにおける名塚佳織演技は実に地味にイイ! 深澤ゆきというとっつきにくいキャラクターを作り上げているのは名塚のこの声が実に重要な気がしますよ。ただ不良してるとか、やる気がないとか、どーでもいいとかではなく、その行動や言動の裏にある漠然とした不安とかを含めてきちんと声に含まれている感じ。キャラクターなんだけど、妙にリアル感があるような。

 そういう意味でも、この回の深澤さんを手キャプシーンをゲットするために軽く再視聴してみると、確かに違和感がある、いつもの深澤さんとは違うのがわかる気。それは別にミコトに親切にしてるからとかだけでなくね。空元気とも違う、「いつもの自分を作ろうとしている自分」という微妙な違和感がさ。

WINDER~ボクハココニイル~WINDER~ボクハココニイル~
(2007/05/16)
少年カミカゼ

商品詳細を見る


 しかし2個前のおソラさんが日付超えちゃったので、6月2日付としては上のきらりを含めて4枚か…。下絵キャプまで終わっていると、1600x1200のお絵描き環境で淡々と描き続けられるから、結構描けちゃうみたい。というか下絵キャプができてると、手キャプにしなきゃ的な感情が生まれてしまうというのも罠だよな。せっかくキャプしてあるんだからみたいな。デジタル放送のキャプとるのも結構手間だし。

 今日は寝坊したので、朝はデルトラからしか見てないのですが、今日のデルトラもジャスミンさんがだいぶいい感じだったし、ここんとこ毎週描いてるラブ★コンも今日もかなりツボったので手キャプして感想書きたいよなぁ…。

 てかさー、アニメって始まりや終わりを他番組と足並み揃える性質があるから、必然的に盛り上がる回とかもだいたい同じ時期に重なるんだよね。今は別にそういうターンではない感じだけど、いろいろとすげー回が重なってきたときはキツイなぁ…。自分の感情を抑えて手キャプを控えるとかしなきゃいけなくなるだろうし。
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
レビュー・評価:OverDrive オーバードライヴ/第9話 Little wings fly high.
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン 2007-08-17-Fri 14:50
品質評価 20 / 萌え評価 10 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 20 / お色気評価 0 / 総合評価 8レビュー数 10 件 大和との勝負はミコトの負けに終わる。一時的に妙なテンションになってしまうが、それは勝負への怖さから来るものだと気が付く。しかしミコトは前へ  [続きを読む]
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。