あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ映画感想
劇場版 ブレイク ブレイド 第三章「凶刃ノ痕」
DATE : 2010-10-03-Sun  Trackback 0  Comment 0
 TOKYO MXで第二章まで放送してくれたので、公開中の第三章を見てきました。50分映画なので、帰り際に見てもそんなに遅い時間にならないというのがよい感じ。都内だと池袋でしかやってないので、あまり好きな劇場じゃないけど、選択肢は一択しかありませんでした。まぁ見ないという選択肢もあったんですけど。ちなみに 天上人とアクト人最後の戦い を見たのが最後かな。前より大きいスクリーンのところだったけど、劇場の印象はあまり変わらない。設備は仕方ないとしても、照明のON/OFFが適当なのも変わってなかった。

 半分ぐらい思いつきで言ったので、上映開始10分前ぐらいにチケット取りましたが、それほど悪い席にはならずに、後ろの方の真ん中列付近で観賞。中心ラインは通路なのでね。一応中央付近の席はおおむね埋まっているぐらいの入りでした。ギリに行かなければ平日であればいい席とるのはさほど難しくなさそう。

 内容は…まぁ、つづき、そしてつづく。主人公が能動的に戦闘したというのが第三章のメインということかしらね。

 まだ主役メカはボロいままで、はやくちゃんとした武装にしてあげたい気もする。操縦的にもフルスペック出せてる感はまったくないし、もどかしいというか、メカがかわいそう。非能力者しか操縦できないだけであって、別に主役の彼が操縦うまいってわけじゃないはずだしなぁ。期待値をどうしていいのかわからないからか、戦略的にもうまく使われてないみたいで、どう使って、どういう結果を出せば成功なのかがよくわかんなくて、ただできる限り暴れ回っただけなんだよね。

 つかなんで主人公機(デルフィング)を戦闘に加えなきゃならないのかもよくわかんないところだよね。掘ったら出てきた古代兵器がどれだけ危ないものか知らないのかね。イデオンとか∀ガンダムとか出てきちゃうんですよ。主人公機が出なくても作戦が立てられるだけの兵力はまだあるんだから、戦闘はそっちにおまかせしてまずはちゃんと調べるべきなんじゃないかと思ってしまうのですよ。不確定要素を突っ込んで戦闘するのはとても怖いですよ。

 まぁ調べるたびに「もう動かない」と言われている気もしますが。

 ロストテクノロジーの解析、古代語の解読、主人公(ライガット)以外の非能力者の招集…そういうことを進めている描写があまりないので心配になります。今だと王妃が趣味で遊んでるぐらいの扱いっぽく見えてしまうので、主人公の立ち位置がよくわかんない感じでもある。それならそれで軍と対立してる姿とか、煙たがられてる姿とか見せたり、逆だったら英雄っぽくされちゃったりとかじゃないとなんか不思議な感じ。「どうせあの黒銀のゴゥレムが全部倒しちゃうから俺らはどうでもいいんじゃね?」みたいな一般兵の言葉とかさ。“一般人が乗ってる好き勝手やっていいゴゥレム”ぐらいの扱いなのが不思議で仕方ない感じ。

 映画1本につき戦闘は必ず入れなくてはいけないので仕方なく戦闘している感があるような…。これまでの2本ぐらいで“主人公機はポテンシャル的に明らかに現行機より強い”ってことは重々見えているので、そういう話はもうなくてもいいと思ったんだけど、まだそういう戦闘でした。というかまだその話のつづきで、主人公が考えうる最強の戦士(ゼス)をわりとあっさりと倒せてしまうということで、ケタ違いに強いということをちゃんと見せる話だったみたい。こんだけ強いと「俺がガンダムだ!」状態になってしまうだけな気がしますよ。

 このあとのパターンとしては、
 ●敵さん側も古代兵器を掘り出す
 ●量産機が作られる
 ●慢心したあたりで古代兵器の弱点を狙われて大ピンチになる
といったあたりが思いつきますなぁ。劇中のセリフからするとこれ以外のアンダー・ゴゥレムが掘り出されることはなさそうだけど、専用の武器ぐらいは掘り出されるのかね。ハンマーとか。(ぇ

 ということで、戦い方にいくらか慣れて、捕虜ひとりゲットして、蛮族呼ばわりされるのがいくらか気になる…という話でした。あとゼスはもうゴゥレムには乗れない体になったかも知れない風。

 映画という発表形態は取っているけど、TVシリーズの途中を映画館で見たぐらいの感覚しかなかった。1本終わったから次は何見ようかなーという家で普通にアニメ見てるぐらいの感覚。正直、移動とか、好きな時間に見られないとか考えると、映画館で見るのは面倒くさい。原作知らないし、テンションもそれほどないからなぁ。いや別に見たくないわけではないし、見て損したとも別に思ってないんだけども、映画イベントとしては満足感が薄いという。

劇場版 ブレイク ブレイド 第一章 覚醒ノ刻 [Blu-ray]劇場版 ブレイク ブレイド 第一章 覚醒ノ刻 [Blu-ray]
(2010/07/23)
保志総一朗斎藤千和

商品詳細を見る
劇場版 ブレイク ブレイド 第二章 訣別ノ路 [Blu-ray]劇場版 ブレイク ブレイド 第二章 訣別ノ路 [Blu-ray]
(2010/08/27)
保志総一朗斎藤千和

商品詳細を見る


 劇場設備からしても、家で見た方がいい気もします。でも家で見るとなると、BDを買うかレンタルするかしないといけなくて、ブレイクブレイドを見るだけの目的であれば、出費的には映画館で見る方が安いのよね。レンタルは会員になるところからだし。当日券でも1000円で見られるので、1回しか見ない分には映画館見が一番安いという結論。

 あと、このようにテレビで見た人が劇場に足を運んでくれるということになってくれれば、また放送してくれるかも知れないし。CMテロップやCMが入るのが嫌なので劇場に行くという選択肢でもよいかも。自分としてはあの宣伝を見れば本編が見られるというのであれば宣伝も甘んじて見ますぐらいの勢いですが。

 第四章も見に行くかは今のところ未定。混んでたら行かない。

 そして今回もいまいちな感想でした…。あんまり感想文になってない。もっと本編についての思うところを書いてもいいのになぁ。共感したセリフとか、戦闘シーンの作劇にときめいたとかそういうさー。見つけたこと、気になったことじゃなくて、思ったことを書こうよ。おもしろかったの? どこがおもしろかったの? どう見たの? どう感じたの?

 …と思いつつ、書いたものを消す勇気も書き直す気もないのでそのままUPされるのであった…。

劇場版ブレイクブレイド 第三章 凶刃ノ痕 [Blu-ray]劇場版ブレイクブレイド 第三章 凶刃ノ痕 [Blu-ray]
(2011/01/28)
保志総一朗、斎藤千和 他

商品詳細を見る
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。