あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
 つことでGW映画5本見終わりました。コナンはまぁ置いとくとして(デフォだし)、何かやたらメガネが気になる映画ばかりだった印象があります。

 TRIGUNでは、ヴァッシュのメガネがウルフウッドの手に渡ることで、印象深いシーンが作られていましたし、いばらの王では双子の妹のメガネが、妹のアイデンティティーとして重要なファクターになっていました。銀魂ではひとりメガネが本体のキャラがいますし…。

 〝文学少女〟にはメガネ出てこないんですが、むしろ〝文学少女〟なんてタイトルで、何でメガネ女子じゃないんだ!という、メガネがないのが逆に気になるキャラでした…。普通のキャラがメガネを装着しているときは、メガネを装着する意図があるものですが、〝文学少女〟なんてついてたら、メガネはデフォルトで装着するものという先入観があるので、むしろ メガネを装着していない理由 を考えてしまうことに。

 そういう意味では〝文学少女〟もメガネなアニメでした。(ぇー

 アニメ作品におけるメガネの重要性を感じるいい映画たちでした。メガネメガネ…
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。