あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ映画感想
東のエデン劇場版II Paradise Lost
DATE : 2010-03-20-Sat  Trackback 0  Comment 0
オリジナル携帯クリーナー@東のエデン劇場版I/II IIは海老名でやってくれたので、海老名に行く。Iもやってくれるとわかっていれば、Iを慌てて見たりしなかったのに。入場者特典もない時期に行ったしなぁ。IIも特に特典はもらえなかった…。というわけで写真は前売り特典の携帯クリーナーで。

 うん、IとIIは続けて見た方がいい。せめて1週間空きぐらいじゃないと…というか当初の公開スケジュールがベストなタイミングになる内容だったと思う。これだけ空くと気持ちが繋がらない…。テレビシリーズからIの公開までのタイミングは心地よい間だったので、Iの公開時期を遅らせればよかったという話でもないのが難しいところ。…つまり、テレビシリーズを溜め込んで、遅れて視聴完了し、今回のIの再公開に合わせてI観賞、続けて(1、2週間空けて)IIを見る…というのが一番よいパターンではないかと。

 何が言いたいかというと、「劇場版Iのストーリーをそんなにしっかり覚えてませんでした、すみません…」という感じ、…いや、作品に対峙するテンションが維持できてないという方が近いか。AIR KINGに熱狂する民衆の気持ちが上手く自分の中に作れないというか。2万人ニートのインパクトを劇場版Iまでに「過去」に仕立てあげたのと同じように、劇場版Iから劇場版IIの間にAIR KINGも「過去」になってしまった印象。…実にもったいない。“公開タイミングも作品の一部”という考えは当初はあったんだろうけどなぁ。

 という前置き(免責?)をしつつ本編感想。ミサイルも爆発もないビジュアル的には地味、ノブレス携帯も残金が見えてくると急にリアルに見えてきて最初の頃にあった「ある意味魔法」な感じがなくなってしまっていた風なので、それに合わせて作品の見方を変えていかなければならかった風だったかな。

 特に残金1億ちょっとで、国民全員に1円の電子マネーを配るという描写が印象深い。つまりもともとの100億あったとしても、そのまま配ればひとり100円程度にしかならない、そんな程度のお金、それでこの国を救えと言うのがどれだけのムチャブリかということをわかりやすくしてくれたシーンなのかも知れない。配ってしまえば100円でも、ひとつところに集めれば、100円配るなんかよりもっと大きく国を動かせる力になり得るという意味ももちろん含むとして。

 Mr.アウトサイドが知りたかったのは「100億円で何ができるのか」ということだったのかしらね。自分は100億どころかもっと使って国を何とかしようとしたけれど、それほど大きなことはできず、むしろ「100億円で何ができたのか」が知りたかったのかもね。滝沢くんが100億円使い切ってたどり着いた場所はその「答え」としては十分すぎるものであったと。滝沢くんと他のセレソンとの大きな違いは、ゲームに於いて「自分」というコマを一切使わない、与えられた100億円でできることだけで国を変えようとしているところにあると思う。自分をリセットして「国を何とかしたい気持ち+100億円」という状態からスタートするのは、「100億円で何ができるのか」の疑問の純粋な解になり得ると思える。

 それまでの地位や人脈を活かしつつ立ち回らないと、100億円程度では何ひとつ成し得ない というのは、Mr.アウトサイドも自分の解として持っているもので、それ自体を否定する気もなく、ゲームセット宣言の言葉もきっと本心であろう。

 そしてノブレス携帯でずっとヲチしていたのは、“100億円の使われ方”―お金が使われている様―なわけで、自分が「上がりを決め込んで」ときめなくなった消費行動を、他者のそれを見ることで補おうとした行為とも取れる。これに対して滝沢くんの「お金を払うより、お金をもらう方が…」という言葉が繋がってくることになるわけですな。

 お金のもらい方を忘れた若者と、上がりを決め込んだ老害に、渇を入れるといった意味合いの滝沢くんの演説だった…のかも知れないけど、正直なところ具体性に欠いてよくわからない演説だった。あれぐらいで前を向ける人であれば、言われるまでもなく前に進んでいるのではないだろうか…。

 現状のおかしさに気づいていて、自分が本当は何をするべきなのかわかっていて、それでも何もしないでいて、ただただ動き出すきっかけを待っていた人にとっては有用なのかも知れない。「テロリストからの要求だから仕方がない」という免罪符を手に入れられるだけで動き出せる人ならば。そこに滝沢くんの「甘さ」…というか人を見限っていない心があって、その「オレはお前達を信じてるよ」という信頼に応えたくなるのかも知れないなぁ。滝沢くんが見捨てない内はまだ未来はあるのかもと思えるような。

 というわけでMr.アウトサイドが求めた「100億円の使い方」の一様の解が出たところで、ゲームは終わってしまったけれど、それでは本当に救世主になろうとした参加者は納得できない。救世主にはなれていないし、もちろん救えてもいない。そういう意味ではここでいったん物語が終わるのも納得だし、ゲームが再開するのもまた納得できるところ。第2戦が映像化されることがあるかはわからないけどね。

アマゾン限定 東のエデン 劇場版I The King of Eden + Air Communication Blu-ray プレミアム・エディション【初回限定生産】アマゾン限定 東のエデン 劇場版I The King of Eden + Air Communication Blu-ray プレミアム・エディション【初回限定生産】
(2010/03/24)
木村良平早見沙織

商品詳細を見る
 東のエデン自体の観客はそれほど多くなかったけど、映画館自体の人混みは平日とは思えないぐらいでした。どうももう春休みに入っているみたいね。本当は前売券が使われずに余っているドラえもんの2回目視聴もしようかと思っていましたが(寝坊して失敗した)、この様子ならドラえもんの方はお子さんでいっぱいだったんだろうなぁ、と思う。

 まぁ、プリキュアDX2も含め、春休みが終わるまで待とう…。

 東のエデンを見たTOHO海老名の10番スクリーンは、他のスクリーンと入口が違っていて、ロビーからいきなりスクリーンに入れるところにあるのですが、その隔離感が結構気持ちよくて、シネコンなんだけど、このスクリーンは気持ち単館みたいな感覚になれるような気がした。せっかくなので10番スクリーンでは単館系の作品を積極的に上映して欲しいなぁ。

Amazon限定 東のエデン 劇場版II Paradise Lost  Blu-rayスタンダード・エディション【初回限定生産】(アナザージャケット仕様)Amazon限定 東のエデン 劇場版II Paradise Lost Blu-rayスタンダード・エディション【初回限定生産】(アナザージャケット仕様)
(2010/08/04)
早見沙織木村良平

商品詳細を見る
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。