あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ映画感想
劇場版 遊☆戯☆王~超融合!時空を超えた絆~
DATE : 2010-01-30-Sat  Trackback 0  Comment 0
sin真紅眼の黒竜@劇場版 遊☆戯☆王~超融合!時空を超えた絆~ TOHOシネマズ川崎:XPanDにて観賞。

 すげぇ!

 何この3Dセルアニメ! 手書きなのに立体になってるYO!

 自分としては、いつも3DCGで作ってるモンスターだけが3D化するか、キャラも3DCGで描かれるかで、キャラを3DCGにしなかったらかつてポケモン3D映画で見たような、3Dで見ちゃうとぺらっぺらなキャラ絵が見えるだけだと思ってたんですよ。

 さすがにモブキャラはいくらかペラッペラ状態でしたが、セル塗りの手書きキャラに奥行きを感じるのはまさに新・感・覚ッ。レイヤー(層)的な奥行きではなく、ちゃんと丸く奥行きがある感じに仕上がっている…。「目を疑う」というのはこういうことを言うんだなー。こんな少ない線で自然な立体になるなんてさー。

 確かに日本のアニメの底力を見たよ。アニメも実写もどんどん立体化していくけど、アニメの立体化は3DCGの独壇場で、日本のセルアニメ文化ではどうしようもないジャンルかとも思っていましたが、やればできるということがわかっただけでも収穫でした。

 遊☆戯☆王を3Dにする意味があったかどうかは別として。

 あ、内容の話してない。

 自分はGXの再放送も絶賛視聴中なので、十代・遊星→今の人 遊戯→昔の人という感覚で、遊戯>十代はそれほど別時代じゃないから、十代の時代で遊戯はいるじゃんか…と思いましたが、闇遊戯を出すにはさらに戻らないといけないんですな。どの辺の遊戯なのかはよくわかりませんが。神のカードが出なかったので、それよりは前なのかな。

 十代さんが最終形態のネオスデッキ&ユベルつきなので、再放送とのギャップがだいぶあって少し混乱した。だが、プリキュアオールスターズと同様に、最終形態のキャラはやっぱり強ぇ。一応主役扱いの遊星がほとんど「未来のカードを持ってるだけ」扱い。先輩のエスコートが絶妙だわ。

 遊戯は経験値で相手を格下と見ているところから来る余裕だけど、十代は素でピンチを楽しんでるのがマジすげぇ。遊星さんは基本的に後ろ向き。性格的には遊戯に一番近いんだろうけど、如何せん実力が足りないところからくる自信のなさがなー。3人の主役の違いがよく出ていてよかったです。

 3人並ぶと、やっぱり初代のデュエルディスクが一番かっこいいな。2分割>くっつく>スライド>カションのギミックが素敵。

 ポリゴンじゃない懐かしのモンスターももう少し3Dで見たかった気。つか神のカードが見たかったヨ。オシリスの迫力とか、オベリスクの巨大さとか。ブラマジ師弟&クリボーだけでは…。あとはスカイスクレイパーがニョキニョキ生えるところとか。

 ところで十代さんは何でサンマルコ広場にいたんでしょう…?

 あと地味に十六夜アキの胸が見どころです。(ぇー

makemagicmakemagic
(2010/01/20)
jealkb

商品詳細を見る

 写真は被写体の背景にグラデーションペーパーを配置。買うと高いのでグラデーションパターンを印刷しました。結構きれいに印刷できるし、色も自在なので、意外とオススメかも。家庭用プリンタじゃA4までしか作れませんが。

 これをコンビニでカラーで拡大コピーすればいいのかな? とりあえず数千円するグラデーションペーパーよりは安そうだけども。

劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を超えた絆~ [Blu-ray]劇場版 遊☆戯☆王 ~超融合!時空を超えた絆~ [Blu-ray]
(2011/06/15)
不明

商品詳細を見る
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。