あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ映画感想
ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~
DATE : 2009-09-01-Tue  Trackback 0  Comment 0
ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~公式サイト フジテレビ開局50周年記念、Production I.G制作の3DCGアニメ映画。いつぞやのブレイブストーリーと比べると、それほど力を入れて宣伝してる風でもないようだけど、まだ夏にフジ発のアニメ映画を上映するのを定番化させることは諦めてない感じなのかしら。とりあえず日本のピクサー・GONZOをかつがずに、I.G制作とな。フジはつくづくタッグが迷走するようで。でも日本のピクサー(しつこい)を使わなくても3Dは使っていきたい方向なのかしらね?

 で、映画の内容の方は、まとめると冒頭5分で終わり…というか、映画タイトルですでに終了しているような気がしないでもなかったり。(冒頭で読んでいた)絵本の結末の先の話をしたところで、特に結論を変える様子ではなかったし、変わらずモノを大切にしましょう的な。付加された分としては、自分は別にホッタラケではないという話ぐらいかな。これもいってしまえば、ホッタラケの島に回収されていない=ホッタラケではない という持って行き方でまとめちゃえるけども…。

 絵柄は3DCGなのであまり特筆できることがないけど(アニメオンリー暮らしでは3DCGの業界に疎いので)、ところどころは2D背景だったみたい。2Dテクスチャで2Dっぽいだけのところも多々あったので完全に2Dかどうかは見分けにくいけど…。たぶんホッタラケの島の方は全部3Dだったと思う。んで、人間キャラの3Dモデリングは多少なりとも気持ち悪くなるので、劇中で仮面をかぶせることで、顔が出てるシーンを減らしたのは好印象。…というか、女子高生は顔や胸じゃなくて、スカートと太ももなんだよ!!という制作サイドの意志を感じるような…。セーラー服だとたまに見えちゃう脇腹がポイントかもしれないけど、チェックのスカートではやはりハイソと太ももか…。ちなみにぱんつは何度か見えます。

 声の方はかたわらに常に沢城みゆきがいるおかげか、あまり気にならなかった。

 本作の問題は3Dの質とか、宣伝の少なさとかそういうことではなく、例によってあんまり内容がないことに尽きると思う。おおまかにまとめると「ヒトがほったらかしたモノを回収していく世界があるとして、そこに母さんの形見を探しに行って探してきて帰ってくる」という内容しかない。肉付け部分は「ヒトがほったらかしたモノを回収していく世界があるとして」とした時点で、どんな話かはだいたい想像できてしまうし、そういう話しか基本的にはなかった感じ。想像だけでは補完しにくいのは、「回収していく理由」ぐらいかな。それも結局、「ヒトと違ってゼロから生み出すことができないから」という、そんなに目新しくはない設定のようで。

 しかもこの設定がちょっと考えると問題で、劇中の絵本に描かれていた、「物を大切にしないと、狐に大切だけど放っておいたものが盗られちゃうよ」という教訓がボケてしまうと思うのよね。言ってみれば「人がもう不要として使っていないものを有効利用してくれる世界がある」っていう、とってもリデュース・リユース・リサイクルな精神の世界なのよね。むしろそんな世界があるなら便利に使いたいわぐらいの勢いで。今回の持っていかれた手鏡なんてのは特殊な例で、「自分からは意識しては捨てがたいけど、なくなってしまったのなら仕方ない」のような物の方が多いような気がしますよ。

 さらに邪推すると、このホッタラケの島を、日本の不要品を買って、別の国で売るみたいなパターンに当てはめることもできて(中古車とか自転車とかテレビとか古着とか…その国ではそれを作る技術がない場合だと特に)、うまいこと回っていって便利…だけど、ある意味押しつけてる国には申し訳ない みたいな社会風刺まであるのかしら? なんて思うと、もう「物を大切にしないと、狐に大切だけど放っておいたものが盗られちゃうよ」なんて話がボケまくってしまうのですよ。

 …まぁ、そういう風刺なら、最終的にはホッタラケの島でも生産能力がうまれて、もうホッタラケを人間界から回収しないよ? ホッタラケは自国で処理してね? みたいなオチの方が風刺が利いてる。

 だいぶネガティブったけど、1000円で見るぐらいならちょうどいいかも。内容がないってことは、まぁ「王道」とも言えなくないわけで。尖ってないけど、普通の話ですよ。素直に見ればそれなりに楽しめます。もしくは女子高生鑑賞でも可(ぇー。

ホッタラケの島 狐の民話ホッタラケの島 狐の民話
(2009/08/22)
光丘 真理深山 さくら

商品詳細を見る

 どうやらGONZOが日本のピクサーじゃなくて、フジが日本のピクサーを作ろうとしてるらしいという話を目にした。でもまぁ、ブレイブストーリーんときは「日本のピクサー・GONZO」って言ってた(宣伝番組で)からいいんだ…。

 さて、あと2本。映画の日だと3本見ても3000円というありがたさ…。

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ 【Blu-ray】スタンダード・エディションホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~ 【Blu-ray】スタンダード・エディション
(2010/02/26)
綾瀬はるか沢城みゆき

商品詳細を見る
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。