あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ映画感想
交響詩編エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい
DATE : 2009-07-13-Mon  Trackback 0  Comment 0
交響詩編エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい 公式サイト
 何かいろいろタイミングがよかったので、見てきました、エウレカセブン劇場版 ポケットが虹でいっぱい。…感想をひとことでいうと、「もやもやした」。例によって、事前情報をあまり入れないでどこでやってるのかを調べたくらい。何かアナザーストーリーというか、テレビシリーズを強引に2時間にした総集編映画かと思ってました。…ところが実際は見た感じ使い回しの絵すらあまりない、新作のパラレルワールド世界な話だった模様。つまりは、グレンやシャナ形式ではなく、EVAやガンダム形式でもなく、マクロス形式でもなく、アクエリオン形式ですね。…いや、微妙に使い回しカットもあった気がするので、それとも少し違うか…。何形式?

 …とにかく「もうひとつのエウレカセブン」ということらしい。TVシリーズのエウレカセブンも決して明るい話ではなかったけど、この劇場版はそれに輪をかけて設定面が暗くなっているという…。何というか…、救いがない感じ。

 まぁ、ネタバレ的にいうと、TVシリーズがその「救い」ってことになのかも。

 んで、どれだけ変わっても、変わらない愛がある…というのがテーマにあるのかしら。それはエウレカがどんどん変貌していくことだけでなく、すごい勢いで老け込んでいくホランドたちやアネモネなんかもそうで、それ以上に、こういう映画になっても、これは「エウレカセブン」であるとされているところにもあるわけで。

 でもアニメ的には、「変わらない声」と「変わらない髪の色」という部分があるので、劇中で言われるほどの変化を感じないというか、(アニメ的思考の)許容範囲の変化に収まっていて、そういう意味ではレントンのどれだけ変わってもエウレカが好きという気持ちは、視聴者側としても理解の域を越えず、レントンの気持ちでエウレカを見続けることはさほど難しくないように感じた。(そういう意味では最終兵器彼女は難しかった…)

 まぁそんなわけで、“これはこれでエウレカセブン”ということは何となくえわかるんだけど、この映画での新設定へのとまどいと、この世界の仕組みを理解しきれなかったことと、ポロポロあるTVシリーズへの伏線というか繋がりの解釈ができない(TVシリーズの記憶も薄いからねぇ)といったことや何かで、すごくもやもやした映画でした…。

 攻略本・解説本をチェックしつつ見ないとダメかも…。初見→解説チェック→再視聴(DVD/BDで)というのが推奨視聴方法なのかも。TVシリーズを見るタイミングはどこかな?

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [Blu-ray]交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [Blu-ray]
(2009/06/26)
三瓶由布子名塚佳織

商品詳細を見る

 ひと月前の記憶で(しかももやもやした映画で)感想を書くのがこんなに厳しいものかとつくづく思いました…。パンフも(珍しく)買ったのに読んでないのもまた敗因のひとつかな…。何かもうちょっと書きたいことがあった気もするけど、これ以上引っ張ってもどうしようもないと思うので、ウチとしてはこの辺で…。たぶん別所の感想を読んだ方がいいよ…。
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。