あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ映画感想
超劇場版ケロロ軍曹「激侵!ドラゴンウォーリアーズ であります」
DATE : 2009-03-30-Mon  Trackback 0  Comment 0
回れ!!ケロン星@超劇場版ケロロ軍曹4 毎月14日がTOHOシネマズデーということだったので、見てきました。海老名は前日までリニューアル工事してて、久しぶりの開館らしいですが、工事期間中は全然海老名に行かなかったので、工事してたことすら、スケジュール確認でサイトに行ったときに知りました…。久々開館だからなのか、TOHOシネマズディだからなのか、土曜日だからなのかはわからないけど、とにかく混んでました。混んでる映画館はあまり好きではないけど、せっかくなので雰囲気ごと楽しみますよ。

 というわけで超劇場版ケロロ軍曹の第4弾。キルルまわりの話は前作で完全終了した風なので、これまでの流れとか特に関係ない新しい映画といった感じでした。…なので正直ビミョーという印象もなくはないですが。

 冒頭にバシンが出てきたんですが、あまりの無反応っぷりに全米が泣いた。つかもらった入場者特典の中にケロロドラゴンのバトスピカード入ってなかったんだけど…? 窓口で券を引き換えないともらえないのかしらん。そのこともあってなのか、はたまた視聴層が被らなさすぎるのかはわからないけど、いまいち劇場内の反応はよくなかった。自分としては大画面でメガネコ見られたのでそこそこ満足でしたが。(でも残念なことに見た日ではもうメガネコはコンタクト子になったところでしてな…)

 で、肝心のケロロ映画の感想ですが、放置しすぎて忘れた…。ポメラに書いてあったの上の2段落目までなんだもの! 感想は熱い内に書いてよ>自

 最初にやったのは同時上映のケロ0。ケロロがペコポンに出発する日の話。まぁこれといって印象深いところもなく、ポケモン映画のポケモンだけ映画のやつみたい(言い過ぎ)。

 んでドラゴンウォーリーアーズ。ケロン人をドラゴンにしちゃう水樹奈々がいろいろ画策する話。獣の奏者エリンもそうだけど、ドラゴンタイプにおけるツノって何か意味があるんだっけ? とか思いつつ見てた。劇中では強さの象徴としてドラゴンというものが描かれている風ではあったけど、ドラゴン=無条件に強いとは別に思ってなかったので、ただ破壊衝動で暴れているだけのケロロ小隊にはあまりおそろしさを感じなかった。ケロン人姿でも本気を出せばあれぐらいできちゃうしねぇ(クルルがいれば)。モアさんを使えば地球破壊レベルまで簡単だし。

 というわけで「我が輩もドラゴンになるであります!」と言われましても、ただ理性が飛ぶだけでさほど意味がないような…と思えてしまうワケで。結局同じドラゴンになっての意思疎通という目的(だったよね?)はできてないし…。

 ラスボス(と言っていいのかな?)の地球竜が、「甦ると地球を破壊する」と言われた段階でオチが読めるのもどうかと。
 ●甦って欲しいという水樹奈々の気持ちがある
 ●甦ると地球が破壊される>甦らせるわけにはいかない
 ●まだ赤子である地球竜をただ封印したのでは救われないオチすぎる
 ●ケロン人はドラゴンになれる
この4要素から導きだされる結末とは?
…とても読みやすいですね。

 ネックだったのは「甦ると地球が必ず破壊されてしまう」の設定かなぁ。「難しいけど地球を破壊せずに産まれさせる方法はある」>失敗する>封印する>オチ ぐらいの迂回ルートをしてもよかったかも? いったん絶望させてから救うという意味ではあまり変わらないかもだけど、絶望する範囲がちょっと違うかな。

 3がよい映画だっただけに、ガンダムネタが薄めなこととか、さほどヒザポンな感じでもなかったこととか、その辺をつい比べてしまいますな。まぁ1とか2とかはこんな風な映画だった気がしないでもない。あと3年この流れでやると、また何かいい話になるのかしらん。まぁ生暖かい目で。

 この流れなら6年目には∀ガンダムの実物大プラモが見たいなー。

超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォーリアーズであります!超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォーリアーズであります!
(2009/02/19)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 たまごっち感想はやめてもいいかなぁ…。

超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります! 通常版 [DVD]超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります! 通常版 [DVD]
(2009/07/24)
渡辺久美子小桜エツ子

商品詳細を見る
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。