あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ感想
とらドラ!#11「大橋高校文化祭【前編】」(12/10)
DATE : 2008-12-19-Fri  Trackback 0  Comment 0
 といいつつおとといのも見ちゃったので、中編を含む感想に変更。
川嶋亜美@とらドラ!
 手キャプはかわしまあみさん。あむちゃんあたりから主線を鉛筆(ツール名ね)ではなくブラシを使っているので、拡大画像でもそこそこ見られるようになってきた気配。1680x1050にすると、左右が16:9と比べ1割ほど切れちゃうので、背景に入れた文字はちょいと内側寄り。

 指立てシーンなので、絵的には気に入っているけど、とらドラ!のキャラ的にはそれほどお気にではないかわしまあみさん。話的にも大河の親父さんとの絡みがないので、現在だいぶ背景になってる気。アピールはしているけど、友達関係も恋心も、何か繋がっていない、届いていない…そんな感じを受けますな。メインキャラなのに輪の中にいない感じ。さすが「!」が担当文字なだけはあるということでしょうか。

 ということで、サブタイトル的には「文化祭」とついているものの、実質の内容は大河の親父さん絡みの話になっているみたい。流れ的に竜児が間違っている様子。大河は竜児の家と絡むことによって、「家族」という幻想を夢みてしまったという感じかなぁ。親父さんの言動には以前よりちょっと違和感というか信用できなさが出てましたな。「今のヨメとは別れるから戻ってきてくれ」とかいうのは、大河と一緒に暮らしたくて別れたいとかではなく、ヨメと別れるとなると独り身が寂しいからとりあえず大河をキープしたいとかそういうひとりよがりな感情っぽいし。

 中編まで見てみると、親父さんは金銭面以外のリスクを何も負ってないことが見えてくる。大河の方は住み慣れた家を追われ、こちらの都合はお構いなしに親父さんの思惑通りに動かされている感じで、親父さんと家族に戻るにあたって、なくしたり我慢したりすることがだいぶ多そう。

 親父さんは人付き合いが下手というか、根幹部分で他者を信用することが出来ないというようなタイプなのかも。だからモノやカネで他者をつなぎ止めておく方法しか知らず、自分に向けられている愛情に無頓着で、平気で裏切る……そういう人と想像してみる。

 どうしようもない人と切り捨ててしまうのは簡単だけど、それでも一応は「家族」だから、逃げずに立ち向かってみることにしたのが大河の決断なのかなぁ。それにしては文化祭に来てくれるのを期待しすぎだが…。

 みのりんは過去に親父さんとみのりんの家族の誰かに何かがあったと想像。ダメ親父の被害者の会的に、大河とみのりんは友達になったのかなぁ?


 なんて想像や予想を適当に書くと、大抵は恥をかく結果になるんだ…。

とらドラ! 川嶋亜美名刺ケース
とらドラ! 川嶋亜美名刺ケース

(2008/12/08)


商品詳細を見る

 さて、次はアニメ映画・冬の陣か…。1日映画はしごぐらいじゃ終わらない本数があるよなぁ。いつ行くかだこれ…。
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。