あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ映画感想
劇場版・天元突破グレンラガン 紅蓮篇
DATE : 2008-09-28-Sun  Trackback 0  Comment 0
天元突破グレンラガン劇場版スタンプカード 最終回シーズンを無視して昨日見てきた劇場版グレンラガンの感想でも書きますよ。劇場は例によって川崎。あまり近くはないんだけど、だいぶ行き慣れました。

 土曜の昼過ぎの回だったのもあってか、見た感じ満席でした。もうちょっと上映館あってもいいのにねぇ。

 内容としては総集編映画だし、TVシリーズが終わってから何年も経っているわけでもないので、大きく予想外なこともなく、TVシリーズがもともとSD画質だったので、劇場用にHD制作にするということもなく、新作カットも含めてアプコンな感じでした。

 興味としては、2部構成ということで、TVシリーズがおおむね3部構成(カミナ編・ニア編・未来編)だったことから、どの辺で今回の劇場版のラストになるのかのところで、予想としては螺旋王を倒すぐらいまでやって、螺巌篇は数年後からスタートになるのかと思ってました。

 そもそも、螺旋王を倒すまでが、「目の前の壁を打ち破れ」で、数年後の話が「未来を自分で切り開け」な感じだと思っていたので、2部で分けるならそこが分け目だろうと。

 ところが、紅蓮篇では四天王討伐まででした。確かに、ダイガンザン略奪、四天王撃破、螺旋王討伐の3連で大バトルをやっちゃうと、それだけでおなかいっぱいになっちゃうかもかも知れないなぁとは思いましたが、ここは一気に突き抜けてほしかったとは思う。カミナのアニキも螺旋王んとこまでは引きずるし、数年後になるとちょっと毛色が変わっちゃうしね。

 そろそろ内容の話に。

 VS四天王-1が1バトルにまとまっちゃったので、たぶんまるまる劇場版用の新作カットだったと思われますが、某劇場版のようにキャラデザや線の細さが変わっちゃって新作カットに違和感があるとかそういうことはなく、早めの総集編映画化でよかったと思います。

 総集編にありがちなつぎはぎ感は完全には払えておらず、やっぱり駆け足してる感はそれなりにありました。友情・愛情・信頼・恋心あたりの時間を要する感情まわりが、劇場版だけではちょっと厳しいかなーというのが正直なところ。まぁTVシリーズを見ていれば、脳内補完しながら十分耐えられるレベルだとは思いますが。意図的にTVシリーズのサブタイトルになっていたセリフをなるたけ入れてあるようで、そのサブタイトルセリフを聞くタイミングでTV版の記憶がフラッシュバックする感じもありました。

 でも、そこそこ丁寧にシーンが入れられていたヴィラルとカミナの因縁シーンがあまり印象深くなかった。ヴィラルのカミナへのこだわりに共感できるまでは引っ張られなかった気。エリートの誇りと、ある意味でカミナを認めてしまう心と、カミナに関わることで獣人側の立場が悪くなっていく憤りとかが複雑に入り組んで「こだわり」という形になっていく…という流れがねー、いまいち追い切れない作りだった気。設定は脳内補完できても、感情はなかなか脳内補完は難しいもんです。

 やはり3部構成にした方が、映画作品としてはまとまった気がするねぇ…。

 尺の都合で四天王のみなさんがひとまとめに(最初の人は先にやられたけど)なったのは仕方ないというか、あの辺結構ダラダラしてたんで英断だったと思いますが、グレンラガン以外が合体するのは正直納得いかないところ。グレンラガン以外のやつはそれがたとえ物理的なものであったとしても、そういう発想が他から出てくること自体が予想外というか、世界観としてちょっと違うんじゃないかと。グレンラガンのマネしてみたけどダメだったとかそういう話ならいいんだけども。

 そういう意味ではラガンを使って全部くっつけるとかいう展開ならアリだと思う。まぁ敵が合体しないのならそれをする意味もないけど。

 そんなことするんならむしろ新技で4体を連続粉砕とかの方が見てみたかったかなぁ。

 だいぶマイナスなことを書いた気もしますが、満足度は意外と高いです。「劇場の大画面と大音響でグレンラガンを見る」という行為ができるだけで十分価値があるかと。

 スタンプカードはもらったけど、紅蓮篇を2度見る予定は今のところ、ない…。フラッと寄れる場所にあるとかならまだしも…。「総集編」というだけで、内容的には既に2度目だもんなぁ。

天元突破グレンラガン 劇場版 前夜祭[DVD] 天元突破グレンラガン 劇場版 前夜祭
(2008/12/17)
柿原徹也小西克幸

商品詳細を見る
続く世界(グレンラガン盤/期間生産限定盤)[CD] 続く世界(グレンラガン盤/期間生産限定盤)
(2008/09/10)
中川翔子8bit Project

商品詳細を見る

 他のアニメはそれなりに。さっき見たギアスはもう1話ぐらい欲しかった気。あとはお稲荷様とSAと乃木坂としずくちゃんとMission-Eと恋姫†無双とセキレイと西洋骨董洋菓子店ぐらいは最終回見た。あとはちょっと溜まってる。見たやつはちゃんと終わってないようなのが多いな。Mission-EはCODE-Eの完結編かと思いきやまた序章みたいな話で終わっちゃったし、どこに着地したいんだろうかと…。西洋骨董洋菓子店は思いの外きれいに終わっていた印象。記憶を取り戻してニアミスして終了というのは一番平和なエンドじゃないだろうか。あやまるあやまらない追いつめる追いつめないじゃなくて、お互いに自己整理ができればいいような時間が経っていたようだし。終わってない部分は他のキャラの掘り下げだろうからそれはまた別の話ってことでこの段階で終わるのは正解かと。恋愛†無双はじわじわと楽しくなった。そこで劉備男かよーと思ったらオチがアレでよかった。地味に続編希望したい。セキレイは続く気満々だから放置。乃木坂は終わったようでもあるけど、何もブレがないというか、ドラマがないというか、「好き」がブレなさすぎるのが何かキモチワルイかも。あったアップダウンは相手の気持ちが見えなくて不安になるのと、まわりの状況だけだもんな。本人の相手に対する「好き」に関してはブレることがない。まぁ能登お嬢様を堪能する以外は求めるものでもないのかな…。

 以下略。

劇場版グレンラガン 紅蓮篇 【通常版】 [DVD]劇場版グレンラガン 紅蓮篇 【通常版】 [DVD]
(2009/04/22)
柿原徹也小西克幸

商品詳細を見る
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。