あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ映画感想
ねずみ物語~ジョージとジェラルドの冒険~
DATE : 2008-01-19-Sat  Trackback 0  Comment 0
 シナモンthe Movieと同時上映…ですが、開始しばらくして他のお客さん(親子連れ×2)が両方出ていってしまいました…。まぁシナモン目当てだよな、普通。シナモン終了で即去らなかったので、子どもが興味を持てばそのまま見ていくつもりだったのかも知れませんけど、いまいちキャッチできなかった模様。

 かくして独り身もとい1人見。

 林原と山口勝平と高山みなみを堪能…ってらんまk!(他のキャストは関係ないけど) シナモンの方に林原(キティな)が出てなかったのが意外と不思議だったのですが、こっちに出てたのね…さすがサンリオというか。

 話はタイトル通りねずみが冒険する話。テーマは友情とか個性とかその辺かな? ヒーロー性は今の世の中あまり出さないことになっているのか、凡才+α程度の能力の2人+お供で冒険…というか試練に行く様子。強大な敵もとくになし。一応イタチが出るけど、あんなイタチはノロイに比べたら全然怖くねぇっす。

「みんなそれぞれ得手不得手があって、だからこそ皆で協力し、時には競争して、社会の荒波を超えていこう、そして本当にピンチのときはまわりに大人がついていてくれてることも思い出してね。」みたいな話をお子さまに見てもらおうという意図っぽいのですが…、残念ながら私が見た回では見てもらえず…。

 実際問題シナモンで帰っちゃう人はどれぐらいいるんだろうかね。入場者数データじゃ出てこない数字だし、把握しているところはなさそうだけど。上映中にどこの席が埋まっているのかとか、寝ちゃった人がどれぐらいいたのかとかのデータまで採れるような劇場があると、制作サイドは便利そうだよね。

 話戻す。冒険の目的である光の竜ですけど、自分としてはもっとどーでもよさげなものを発見するようなパターンで、竜自体はなくても…というか竜の正体だけでよかったんじゃないかと思ってしまう。本当にいるとすると、なぜ本当にいるのかの理由が気になっちゃうし、いないとしてあの正体だったとしては、あの絵面ではそうは見えない…みたいなところでちょっと納得いかないというか、緩いような。

 努力の先にある栄光や成功とはいえ、あれぐらいの努力(ほとんどが爺さんに足止め喰らってただけ)でたどり着けてしまう先としては夢やきれい事としてもあまりに大きい気がしますよ。最終的なオチと組み合わせて考えてみると、あの光の竜より先の冒険に出てみたいという気持ちが削がれて、元の家でつましく人間の食べ物をくすねて暮らしていくことに満足してしまう結果になっている気がする。ひとつの冒険を終えたら次の冒険へ!みたいな、元々高山が持ってたっぽい気持ちはいつの間にかなくなって、このまま先代のように小さくまとまってしまうのかと思うと、何だか寂しい気持ちになってしまいました。

 フカンでねずみたちの暮らす家を見下ろした絵になる最後のシーン、こんなにも小さく狭い世界、そして冒険に出ていった森もごくごく近所…何だかとっても箱庭な暮らし。箱庭な暮らしもいいとは思うんだけど、そこが箱庭と思わず暮らし続けているってのも何だろうなーって気持ちが残りつつ映画が終了した。

 かつてシッポを立ててた野沢雅子氏(フクロウおばさん役で本作に登場)はどう見ていたのか気になるところです。本作の細いシッポは立てても見栄え薄いもんなー。

ねずみ物語 ~ジョージとジェラルドの冒険~ [DVD]ねずみ物語 ~ジョージとジェラルドの冒険~ [DVD]
(2008/07/04)
高山みなみ林原めぐみ

商品詳細を見る
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。