あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
 これは今日見ました。開始15分前ぐらいに劇場についてチケットを購入したワケですが、前に親子連れが2組。上映時間的に他のを見ることは考えにくいので、これより前にチケットゲットした人を考えて、平日でもそれなりに入場者がいるのかなぁ?と思ったのですが、行ってみたら結局自分の他はその2組だけでした。

 普通に考えたら今日が最終日だけど、来週もやってるのかしらね? つか11月公開のプリキュア5がまだ公開してたんですが…慌てて行くことなかったんかなぁ? まぁあんまり遅いと小さいスクリーンの方にまわされちゃうんで早めの方がいいんですが。

 それはともかく本編。シナモン=川田妙子 なのはCMの時点で把握していましたが、さすがサンリオってことで、俗っぽい声優大集合なのが笑える。佐久間レイは意外と固定的に使われているのかしらん。他のシナモン類(類呼ばわりか)は大谷育江×2、かかずゆみ、白石涼子。まぁこれといって個性があるわけでもなく、一応寝ないで見てたつもりではありますが、終わるまで声以外で見分けられませんでした…。一応自己紹介シーンでスポーツが得意とか特徴言ってたみたいですが、これといって劇中でそういう能力を使ってたような気はしないし…。

 制作はマッドハウスですが、多岐にわたるマッドハウスアニメでも、あまりこっち系は作ってなかった記憶。人間キャラをだいぶリアル寄りに描いてしまったりとか、敵キャラがだいぶおどろおどろしいとか、その辺がちょっと低年齢向けとしていまいち慣れがない印象を受けてしまう感じ。その点OLMのたまごっちやどうぶつの森なんかは慣れた感じで世界になじむ人間キャラを出してくるよね。アンナさんは公式で元々あったのか、マッドがデザインしたのかは知らないですけど。

 たまごっちと違ってアンナさんはもともとシナモロール世界の住人なので、どっぷり異世界作品になってました。つまるところどーでもいい気配がしてしまうということですが。話は…これも内輪モメか。まぁ1時間の映画じゃさほど掘り下げられないですかね。何となく敵を倒して終了、敵キャラ(いたずら好き知人の本音っぽい影の部分)の告白もスルー。まぁ、ふつう?

シナモン the Movie [DVD]シナモン the Movie [DVD]
(2008/07/04)
川田妙子石原さとみ

商品詳細を見る
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。