あにめ感想にっきV3
手キャプつきアニメ感想やアニメ映画感想ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アニメ映画感想
映画・Yes!プリキュア5「鏡の国のミラクル大冒険!」
DATE : 2007-11-30-Fri  Trackback 0  Comment 0
 本編には手キャプ向きな絵がいっぱいあったのに、パンフだといまいちないの巻

 塗った(12/8)
キュアドリーム@映画・Yes!プリキュア5

 前の(11/30)
キュアドリーム@映画・Yes!プリキュア5
 おかげで塗る前に気力が尽きた。つか胴まであると描くとこ多い…。

 つことで平日の昼間っからプリキュア映画を見てきました。興行的にだいぶイケてるという話を聞いていたので、平日でもそれなりに混んでるのかと思いましたが、席は385席ほどあるのに、結果として見てたのは自分を含めて4組でした。親子連れは2組。他の2組は組っつっても自分を含めてひとりきり組ですが。

 そんなワケでミラクルライトがもらえる権利があったのは2人のみで、冒頭の説明や肝心の応援シーンが寂しい寂しい…。ミラクルライトを振らせろとまでは言いませんけど、懸命にスクリーンの向こうのプリキュアたちを応援する子どもたちの中にいたかったとは思う。観客が巻き込まれる姿を含めてがこの映画だと思うので、そこが体験できなかったのはせっかく劇場で見たのに、完全に味うことはできなかったかなーと思う。一番かわいそうなのはミラクルライトをもらってた2人のお子さまだとは思いますけどね。アレで自分の力が通じたと思えたんだろうか。

 子どもでも保護者でもない大きなお友だちは、それこそみんな(お子さま)の力を借りないとプリキュアにパワーが送られるの図が見られない、自分ではどうすることもできないちっぽけな存在ですわ…。暗いはずの劇場が明るくなるぐらいの参加量で見たかったなー。(それはそれで他のシーンでもつけるお子さまがそこそこ発生してしまう事態になるんだろうが)

 とりあえずいい映画でした。お子さま向け故の制約に大変苦労されている様子がかなりありましたけど、実に頑張っていたと思う。

 作画的にも実に魅力的で、「鏡」という「作画」しなければならないアニメ作品において鬼門というか腕の見せ所というかそういう話に果敢に挑戦しているの図が地味にすごくて(デジタル処理も多いんだろうけど)、ミラーハウスシーンは地味に見どころかも。

 んで、プリキュアといえば、拳で殴り合うバトルシーンが初代からの売りですが、今回はダークプリキュアとのガチンコバトルってこともあって、いつもの巨大敵を殴り倒すのとはまた違う超人殴り合いバトルになっててもの凄かったです。

 話としても90分制約で変身シーンは強制挿入、敵はニセプリキュア×5+ボス、ついでにゲストキャラ×2というきびしいノルマを考えればよくまとまっていたと思う。ダークドリームの扱いとかもよかったし、ドリームコレットのトリックも映画の長尺を利用してて、簡単な推理モノみたいでした。

 そんな感じでいい映画でした。でも以下ネガティブにいくらか。

 尺がないので仕方ないけど、OPがストーリーの一部を見せるところに使われてしまったのは残念かも。プリキュア5はTVシリーズからしてHVなので、これといって劇場パワーを感じられるわけではないかも知れないけど、無印映画のOPで16:9+作画補正アレンジという見どころであったり、お子さま視点で行けば一緒に歌えたり、いつものOPが入ることで、劇場映画という特異空間からいつもの作品に入るきっかけになりうるところだと思っているので、OPは大事にして欲しかったと思う。OPがちゃんとついてなかった結果…の話は次のED話のあとで。

 EDはガンバランスdeダンス 映画衣装Ver. でした。まぁ、それはいいんだけど、いつものEDの衣装が替わるだけ…ってことは、いつも通り1分半でEDが終わっちゃうってことなんだよね。ED中に席を立っちゃう人もいるので、あまりED後に後日談とかを入れるべきでもないとも思うので、ED後の後日談も入ってないのはむしろ歓迎ですが、長尺見たのにいつもの1分半EDで何事もなく映画が終わる…というのは何とも余韻がなく、90分の思い出に浸るヒマもないし、その後の鏡の国がどうなったかを想ってる余裕もないという、何だかちょっともったいないEDだったように思います。つかあのまま終わったんじゃピンキーコンプしたことになりますが?

 つことでOPとEDの印象が薄い結果、何だか区切りが悪い感じになってしまった気がします。

 あと本編とは関係ないんですが、見た劇場の劇場グッズ売り場がなくなってて、どの映画もパンフしか買えない(飲み物とか売ってる普通の売店で売ってる)状態になってて、この劇場そろそろヤバいのかと思った。入りも上記の通り悪いのに、大スクリーンで回してるってことは他の映画も入ってないんだろうし…。

 ついでについ踊りを見てて見逃したダークプリキュアのキャストを確認するためでもあったパンフに主要スタッフ・キャストまでしか載ってない件…。大きなお友だちにももう少しやさしくして! 映画冒頭のココの言葉だけでは救われない…。

 つことでググってダークプリキュアのキャストを確認。

ダークドリーム:西村ちなみ
ダークルージュ:長沢美樹
ダークレモネード:釘宮理恵
ダークミント:皆口裕子
ダークアクア:木内レイコ

 レモネードとミントとアクアしかわかんなかったぜ。釘宮が門脇だったらどうしようかとも思ったしな! ダークミントが皆口と気づいたとき、キャスティングにも何か意図―かつてこういうキャラといえばこの人!だった人が影として入っている―があるのかとも思いましたが、普通に東映キャスティングで、そこんとこも残念というか。

ダークドリーム:千葉千恵巳
ダークルージュ:松岡由貴
ダークレモネード:宍戸留実
ダークミント:秋谷智子
ダークアクア:宮原永海

なんてMAHO堂だったら劇場にいること忘れて笑ってしまいそうだ。個人的にはダークミントに笠原弘子を充てるぐらいから始めたいな。ルージュに折笠愛…いや高山みなみかな。…もう他が思いつかない罠。

 そんなところで感想終わり。勇者な方は土日に見た方が楽しいかもですよ。

映画Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!【初回限定版】(初回限定生産) [DVD]映画Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!【初回限定版】(初回限定生産) [DVD]
(2008/03/19)
前田愛永野 愛

商品詳細を見る


 といったところでたぶん年明けまでここはお休み。年末イベントの予定は書けたら本家の方に。ではみなさまよいお年を。(はや

 新番(今さら…)はみなみけが楽しいですが、これってつまり苺ましまろが見たいだけなんじゃないか疑惑が自分の中に発生する罠。同じスタッフ臭するしなぁ。
 そしてげんしけん2がすごすぎる。各話でいろんな方向にすげぇ。
 マイセルフ;ユアセルフは普通のラブコメって言ってなかったかー!

 ではまた。
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 あにめ感想にっきV3. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。